会長挨拶
ご挨拶
会長 中込 秀樹
会長 中込 秀樹

 平成29年度を迎え、関係各位におかれましては当協会に対し、深いご理解、ご高配を賜っておりますことを改めて御礼申し上げます。
  さて、本年の話題といたしましては、国会で「同一労働同一賃金推進法」が盛んに議論されました。また、残業時間の上限につきましても抑える方向で議論が進められております。近年は、以上のような働き方に関する論議が本格化して来ていると感じております。 我が協会といたしましても、昨年は「ノー残業デー」を水曜日に設定し、社員の負担軽減に向けて協会を上げて真剣に取り組んでまいりました。 一方「同一労働同一賃金」は、同一労働に対して同一賃金を支払うものですが、当然労働の質の高さも問われます。特に技術者が中心の我が建設コンサルタント業においては、質の高さを求める姿勢が重要であると考えます。
  我々建設コンサルタントに関わる技術者は、常に個々のスキルアップを心がけて業務に取り組んでおります。また、長年の経験の中から高い見識を身に着けると共に、それを担保する高いレベルの資格の取得を目指しております。 このホームページの中から、我々の持つそうした意欲や向上心をお汲み取り頂き、業務の発注に際しては、当協会の会員を御活用頂きますこと、心よりお願い申し上げます。
 一方、我が協会員には地元の利がございます。我が協会は、山梨県と災害時の応急対応に関する協定を結び、一度災害が発生した場合、それぞれの会員が培ってきた県特有の地形・地質・風土等に係る詳細な情報をもとに、会員一丸となって早期の復旧・復興を目指して全力を尽くす所存であります。  また同時に、これからは既存の社会資本ストックの維持管理が非常に重要であります。将来に渡って県民が共有する多くの資産を良好な状態で管理して後世に引き継ぐことは、将来起こるあらゆる災害に向けた防災・減災対策にもつながることから、当協会としてもそうした取り組みを技術面で支えることが大きな役割と考えております。
 関係各位におかれましては、県内建設コンサルタント企業で構成する当協会に対し、なお一層のご支援・ご協力・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 

平成29年5月
一般社団法人 山梨県建設コンサルタンツ協会
会長 中込 秀樹

お問い合わせはこちら
YCAA 最新情報ブログ