会長挨拶
ご挨拶
会長 中込 秀樹
会長 中込 秀樹

 平成30年度を迎え、関係各位におかれましては当協会に対し、深いご理解、ご高配を賜っておりますことを改めて御礼申し上げます。
  昨年度は、誠に災害の多い年でした。強力な台風の直撃があり、また、線状降雨帯という新しいタイプの集中豪雨にも見舞われました。線状降雨帯は突然発生し、限られた地域において1時間に100mmというような強烈な降雨が何時間も続くのが特徴で、日本の各地に甚大な災害を与えてクローズアップされました。その線状降雨帯がついに山梨県の東部地域で発生したのです。そうした予期せぬ事態に対しても、我が協会員は地元の利を活かし、迅速かつ積極的な対応を行い高い評価を頂きました。
以上の事例でも示された通り、山梨県と災害時の応急対応に関する協定を結ぶ我が協会は、一度災害が発生すると、それぞれの会員が培ってきた県特有の地形・地質・風土等に係る詳細な情報をもとに、会員一丸となって早期の復旧・復興を目指して全力を尽くしてまいります。
  我々建設コンサルタントに関わる技術者は、常に個々のスキルアップを心がけて業務に取り組んでおります。また、長年の経験の中から高い見識を身に着けると共に、それを担保する高いレベルの資格の取得を目指しております。 このホームページの中から、我々の持つそうした意欲や向上心をお汲み取り頂き、業務の発注に際しては、当協会の会員を御活用頂きますこと、心よりお願い申し上げます。
 一方、近年は働き方に関する論議が本格化して来ていることも感じております。我が協会といたしましても、水曜日を「ノー残業デー」に設定し、社員の負担軽減に向けた取り組みを協会を上げて真剣に取り組んでおります。また「同一労働同一賃金」という方向性も明らかになりました。その中では、当然労働の質の高さが問われます。特に技術者が中心の我が建設コンサルタント業においては、常に質の高さを求めていく姿勢が重要であると考えます。
このホームページの中から、我々の持つそうした意欲や向上心をお汲み取り頂き、業務の発注に際し、当協会の会員を御活用頂きますこと、心よりお願い申し上げます。
 関係各位におかれましては、県内建設コンサルタント企業で構成する当協会に対し、なお一層のご支援・ご協力・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 

平成30年5月
一般社団法人 山梨県建設コンサルタンツ協会
会長 中込 秀樹

お問い合わせはこちら
YCAA 最新情報ブログ